紙刺繍のし袋(あれかしオリジナル)

日本のご祝儀は、お互いに喜びを分かち合い、支えあうという意味が込められています。
誰かの幸せを願いながら贈る…まさに”あれかし”そのもの。”最上級の幸あれかし”を込めオリジナルの「のし袋」を作りました。



想いを紡ぎ 縁を繋ぐ のし袋
しなやかで凛とした和紙に、贈る人の幸せを願う吉祥柄を刺繍しました。


図柄は、幾重にもおめでたい意味をかけた ”向かい松喰い鶴”
松、鶴いずれも延命長寿の瑞木、瑞鳥とされ、これを組み合わせて二重におめでたいことを表しています。もともと古代オリエントをルーツとし、正倉院御物にも遺る花喰い鳥文の一つで、格の高い吉祥のしるしとされています。
さらに「幸せが何倍にもなりますように…」という想いを込め、2匹の鶴たちが向かい合う文様を選びました。

刺繍家・千葉美波子さん


図案を手掛けたのは、刺繍作家であり、猫、妖怪、恐竜、パンダなど様々なものをアルファベットにして刺繍する「ABCクリエイター」としても活躍している千葉美波子さん。
豊かで繊細な色使いと愛らしくも凛とした図柄は、刺繍という域を超え多くの人の心をつかんでいます。手刺繍の技法をお手本にしながら機械刺繍で仕上げました。糸調子を緩やかにすることで、手刺繍のあたたかみを表現しています。



バリエーション

左: 結び切り(むすびきり)
用途:ご結婚祝い
結び目が簡単にほどけない事から、一度きりであってほしいお祝いに用います。
右: 蝶結び(ちょうむすび)
用途:ご出産祝い、入学祝い、長寿のお祝い、お礼 など
結び目が何度でも結び直せる事から、何度繰り返してもよいお祝い事やお礼などに用います。

使い方

おもて面は、図柄の下に”寿”(結婚祝いの場合のみ)や”御祝”などを記入。水引の下にあなたの氏名を記入します。
付属の内袋(封筒)にお金を入れます。お札は新札を用意し、すべて向きを揃えます。
内袋の中央に旧漢数字で金額を、うら面の左下にあなたの住所と氏名を記入します。
*のし袋に直接書けるよう、インクが滲みにくい美濃和紙を使用しています。

内袋をのし袋の中央に置き、左・右の順で折り、下側(B)が(A)の上にくるように折ります。
これには「喜びは天を向く」というおめでたい意味があります。
逆になるとお悔やみの意味になってしまうので注意が必要です。最後に付属の封緘シールでとめてください。

商品情報
内容:のし袋(本体)、内袋、封緘シール、説明書
サイズ:10.8×19cm
重量:17g
素材:本体(楮、パルプ)、刺繍糸(キュプラ、ポリエステル)、外袋・封緘シール(PP)
この商品は送料無料です。
商品代引き希望の方は決済方法を銀行振り込みを選択し、備考欄に商品代引き希望と記入してください。
その際は送料がお客様負担となりますので、ご注意ください。
型番 3304186
販売価格
1,458円(税込)
バリエーション
購入数